埼玉土建国民健康保険組合
埼玉土建国民健康保険組合

給付制度

アスベスト対策

「風邪でもないのにセキが多くなった」「この頃タンが多くなった」「階段の昇り降りや歩行で息切れがするようになった」などの方で建設工事にたずさわっている(た)方、建設工事現場への出入りする(した)方は要注意!

「じん肺」とは、粉じんが原因の病気です

「じん肺」は、さまざまな粉じんが原因で引きおこされる肺の病気のことです。

粉じんは、一度吸い込んだら肺に蓄積され続け、いろいろな病気を引き起こします。石工などに多い「けい肺」、石綿(アスベスト)に起因する「石綿肺(アスベスト肺)」、他に「セメント肺」などもあります。いずれも肺の病気です。

とくに、石綿(アスベスト)によることが明らかな病気として、「石綿肺」「肺がん」「中皮腫」「良性石綿胸水」「びまん性胸膜肥厚」があげられます。これら以外に、石綿(アスベスト)関連と疑われる病気は数十種類あります。


「じん肺」初期の症状は、セキ、タン、息切れ、呼吸困難など

粉じんを吸い込んでから、短期間で発症するわけではありません。比較的早い発症でも数年、通常10~20年後に発症します。

もともと、人間の身体には、異物が体内に入り込むのを防いだり、体の外に出す機能が備わっていますが、建設工事現場で舞っている微細な粉じんには、人間がもっている能力では追いつかずに、肺に粉じんが蓄積され続けるのです。徐々に病気は進行し、セキが多くなったり、タンが多くなったり、息切れをするようになっていきます。


建設関連職種、建設現場に立ち入る職種の方の肺の病気は、「じん肺」を疑おう
「じん肺」関連の病気は、仕事が原因の職業病であり「労働災害」で、労災保険の対象となるものです

建設工事現場は、さまざまな粉じんが舞っています。建設工事に直接たずさわっている方はもちろん、建設工事にだすさわらない方(建設工事現場に出入りする職種の方など)も、粉じんを吸い込んでいます。これらの職種のみなさんは、肺に関連する病気になったら、「じん肺」を疑い、専門医を受診しましょう。


じん肺、石綿による「肺がん」は専門医以外では見過ごされることが多い!

「肺がん」は、多くの場合「タバコの吸いすぎによるもの」と診断され、極端なときは喫煙経験がない方でも「タバコ」が原因といわれます。このような場合、「肺がん」は一般の病気とされ、「じん肺」が原因であることが見過ごされ、仕事が原因の労災保険の手続きがされません。建設工事にたずさわってきた方、周辺作業にたずさわってきた方の「肺がん」は、職業病性の可能性が高いものです。必ず、専門医を受診しましょう


国保組合のじん肺・アスベスト対策
  • 職業病性の疑いのある病気のレセプトをピックアップ

毎月、国保組合に医療機関から届くレセプト(医療費の請求書)から、職業病性の疑いのある病気をピックアップし、じん肺・アスベストなどの職業病の専門医が確認し、関連疾患の早期発見につとめています。

  • 健康診断時の胸部X線フィルムの再読影

健康診断の時に撮影される胸部X線フィルムを、健診医療機関から借りて、じん肺・アスベストなどの職業病の専門医が再度見て確認し(再読影)、関連疾患の早期発見につとめています。職業病性の疑いのある方については、再読影結果をご連絡しています。

  • 専門医受診の声かけ、労災申請・認定の取り組みを応援

レセプトからの抽出や再読影の結果、職業病性の疑いの高い方について、保健師が連絡をとり、専門医の受診の相談をしたり、労災申請などの相談をしています


「じん肺」のご相談先
  • 埼玉土建・賃金労働対策部

TEL:050-3733-0004

  • 埼玉土建の各支部

埼玉土建のホームページをご覧ください

  • 埼玉土建国保組合・健康増進課

TEL:048-839-0073


TOP