埼玉土建国民健康保険組合
埼玉土建国民健康保険組合

給付制度

健康診断・特定保健指導

健康を守るには、日ごろの生活習慣のみなおしと病気の早期発見と早期治療が大切です。そのためには年に1回は健康診断・人間ドックを受けて、自分の体の状態をつかみましょう。

土建国保では、支部や分会などで取り組む集団健診(基本健康診断、各種がん検診)が無料で受けられたり、人間ドック契約医療機関で受診した人間ドック(脳ドック)に補助しています。

人間ドック(脳ドック)を受診したときは、補助金分、窓口での負担が軽くなります。

健康診断と人間ドック(脳ドック)は、同一年度内にどちらか一方だけを受けて下さい。


健康診断【対象:本人○/家族○】

集団健康診断

  • 支部(分会・主婦の会)の集団健康診断で受診して下さい。
基本健康診断
  • 40歳以上の被保険者:特定健康診査を含む38項目
  • 40歳未満の被保険者:基本健康診査を含む37項目(35歳の被保険者は38項目)
胃がん、大腸がん検診
  • 30歳以上の被保険者が基本健康診断とセットで受診することができます。

乳がん・子宮がん検診

  • 支部(分会・主婦の会)の乳がん検診(マンモグラフィまたは、超音波検査)・子宮がん検診を受診することができます。
乳がん検診

30歳以上の被保険者

子宮がん検診

20歳以上の被保険者

健康診断の補助制度

  • 基本健康診断【Aコース】
被保険者の対象年齢(年度内)

35歳をのぞく15歳以上40歳未満

検査内容

問診・血圧・身体測定・生化学検査・血糖検査・尿検査・腎機能検査・胸部レントゲン・情報提供など

  • 基本健康診断【Bコース】
被保険者の対象年齢(年度内)

35歳、40歳以上74歳まで

検査内容

問診・血圧・身体測定・生化学検査・血糖検査・尿検査・腎機能検査・胸部レントゲン・心電図・情報提供など

  • 胃がん検診
被保険者の対象年齢(年度内)

30歳以上

検査内容
  • X線直接撮影
  • X線間接撮影
  • 大腸がん検診
被保険者の対象年齢(年度内)

30歳以上

検査内容

便潜血検査(2日法)

  • 乳がん検診
被保険者の対象年齢(年度内)

30歳以上

検査内容

問診・視診、触診、マンモグラフィー

  • 子宮がん検診
被保険者の対象年齢(年度内)

20歳以上

検査内容

問診・視診、触診、細胞診(頸部)

特定保健指導

生活習慣病対策として、厚生労働省によって2008年4月から40歳から75歳未満の被保険者・被扶養者を対象にメタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)に着目した「特定健康診査」および「特定保健指導」が義務付けられています。

特定健康診査の結果から、生活習慣病のリスクが高いが生活習慣を改善することで、予防効果が期待できると判断された人に特定保健指導を実施します。

特定保健指導ではメタボリックシンドローム予防・改善のために医師や保健師、管理栄養士がひとりひとりの生活に合わせた生活習慣の見直し、改善するために6ヶ月間サポートします。

特定健康診査や質問票からメタボリックシンドロームのリスクに応じて「動機付け支援」または「積極的支援」に分かれます。

特定保健指導区分の判定方法

  • 特定健診時に糖尿病・高血圧・脂質異常等の服薬をされている方は、特定保健指導に該当しません。
  • 図は特定保健指導の判定基準で、メタボリックシンドロームの判定基準とは異なります。

TOP