宿帳 家族で、でかけませんか?宿泊施設マップ


祈りよ届け。復興への道のりを信じて
パワーをもらおう!東北 スポット巡りで応援!

2011年3月11日に起きた、東日本大震災。
甚大な被害を受けた東北地方の復興支援につながればという思いではじめた東北応援企画も
今年で6年目になりました。今回のテーマは、パワースポット!
東北地方のパワースポットと縁起を担いだお土産品を紹介しています。
不思議な力、信じるか信じないかは、おまかせします!

三内丸山遺跡(青森県青森市)
三内丸山遺跡(青森県青森市)

今から約5,500年前〜4,000年前の縄文時代の集落.日本最大級の縄文遺跡といわれ、2000年に国の特別史跡に指定されました。発掘調査により、住居跡、お墓、貯蔵穴や土器、石器、装身具などが見つかり、当時の暮らしや文化、自然環境の解明が進められています。古のパワー、ぜひ感じてください。

何事も円満に円満に… 丸いも(青森県•三戸郡五戸町)
丸いも(青森県•三戸郡五戸町)

品種は加賀丸いも系統でヤマイモの一種。主に高級料亭や和菓子に使われますが、丸い形が円満を表すことから、縁起物として贈答用にも使われています。この丸いも、すりおろしてみてビックリ!粘りが強く、箸で持ち上げても落ちません。とろろご飯、山かけ、天ぷらなどにすると、濃厚でとっても美味です!

鶴の舞橋(青森県•北津軽郡鶴田町)
鶴の舞橋(青森県•北津軽郡鶴田町)

津軽富士見湖にかかる、日本一長い三連太鼓橋。水のパワーが女性らしさを高めてくれるといわれているほかにも、全長300m、幅3m、橋脚の直径30cm、丸太使用量3,000本、板材3,000枚と、昔から神聖な数字とされてきた「3」がすべてに関係していることから、パワースポットとして人気が高まっているようです。

大きいことは良いことだ!? ジャンボシリーズ(青森県•北津軽郡鶴田町)
ジャンボシリーズ(青森県•北津軽郡鶴田町)

道の駅や町内の商店で販売され、ネットでも話題の鶴田町名物。シュークリーム、、バナナボート、最中などスイーツのほかにも、パンやラーメン、焼き鳥など種類も豊富なジャンボサイズの食べ物たちです。一人で思いっきり食べるのも良し、みんなと分け合うのも良し。お土産にもおすすめです!

丹内山神社(岩手県•花巻市)
丹内山神社(岩手県•花巻市)

かつて坂上田村麻呂や奥州藤原氏も信仰したという、民間信仰の神アラハバキ。そのアラハバキが降臨すると言われた巨岩がここにあります。高さ3m以上もあるこの岩に、小さめの岩がもたれかかってできた隙間を壁面に触らずにくぐり抜けことができれば、大願が成就するといわれています。

良い年でありますように 干支張子(岩手県•胆沢郡金ヶ崎町)
干支張子(岩手県•胆沢郡金ヶ崎町)

「日本北限の和紙」と呼ばれる県内産の成島和紙を使用し、独自の裏張り技法で仕上がけた張子。一般的な製法の外張り技法ではなく石膏型の裏側に紙を貼るため、型の凸凹がしっかり表れ、軽くて丈夫なうえ素朴な風合いが人気です。とくに、その年々の干支の人形は、縁起が良いと好評。プレゼントにも喜ばれますよ。

石割桜(岩手県•盛岡市)
石割桜(岩手県•盛岡市)

周囲が21mもある大きな岩を割って力強く咲く、樹齢350〜400年のエドヒガンザクラ。この不思議な石割桜。古い書物の記録などから「雷が落ちて割れた石の隙間に桜の木が生えた」というのが有力な説と言われています。今も桜が成長にするにつれ、根の力で石が割れ続けているようです。その迫力、一見の価値アリです!

花見で一杯もいいですね 日本酒/七福神(岩手県石鳥谷町)福来(岩手県•久慈市)
日本酒/七福神(岩手県石鳥谷町)福来(岩手県•久慈市)

「七福神」は、米、酵母、麹、水、南部杜氏すべて徹底した岩手のお酒。「福来」は、酒名の由来が実にほのぼの。時は明治40年。酒名について親戚を交え相談していた所に、よちよち歩きの女の子「ふく」がやってきました。「ふくが来た」と出た一言から、飲む人、売る人、造る人に「福」が「来」るようにと命名されたそうです。

田沢湖(秋田県•仙北市)
田沢湖(秋田県•仙北市)

最大深度が423.4m。日本で一番水深が深い湖です。陽の当たり方で湖面を碧や藍へと変化させる、この神秘的な湖。辰子という美しい娘にまつわる「辰子姫伝説」が古くから伝わり、美のエネルギーに満ちた場所として知られています。湖には水の「気」があり、心を癒したり浄化する力があるそうですよ。

仲良きことは美しい イタヤ狐(秋田県•角館市)
イタヤ狐(秋田県•角館市)

角館の職人さんが一つひとつ手作りするイタヤ狐は、イタヤカエデの幹から作られています。樹皮の茶色を毛皮に見立て、耳と口を削って尖らせたその姿は味わい深く、どこか信仰めいた印象も。赤い紐でキュッと結ばれた夫婦のイタヤ狐は、仲の良さと夫婦円満、絆が感じられる一品です。

大湯環状列石(秋田県•鹿角市)
大湯環状列石(秋田県•鹿角市)

4,000年ほど前に造られた縄文時代後期の遺跡。環状列石とは、石をサークル状に並べたもの。遺跡には2つの環状列石があり、石の直径はそれぞれ44m、52mと日本最大規模!。すぐ近くには、日本版ピラミッドと言われる黒又山もあり、一帯がパワースポットとして有名なのだそう。

健康で長生きがいちばん チョロギ(秋田県•横手市)
チョロギ(秋田県•横手市)

シソ科の植物の球根部分で、渦巻き状の形が特長。「長老喜」「千代呂木」などの当て字もあるように、長寿をイメージする縁起物として、お正月のおせちの脇役で知ってる人もいるのでは?秋田の浅舞では、婦人会が「秋田の田舎漬」として梅酢に漬けた「酢ちょろぎ」を地元の名産にしています。

秋保大滝(宮城県•仙台市)
秋保大滝(宮城県•仙台市)

町全体から強いエネルギーを放っているかのようにパワースポットが点在している、秋保。なかでも、秋保大滝は大量のマイナスイオンが漂うといわれています。なぜなら、滝の落差はなんと55m!滝壺からの水しぶきが展望台まで舞い上がってくることもあるとか。自然のなかでリフレッシュしましょう!

負けられない戦いに 米粉カツカレーパン(宮城県•亘理郡亘理町)
米粉カツカレーパン(宮城県•亘理郡亘理町)

地元の商店主たちが開発し、「亘理山元伊達美味•縁起物フェア」で販売された、正真正銘の縁起物。「必勝」「勝つ」にかけたカツカレーを県産の米粉を使ってパンに。さらに「合格」にちなんで五角形に成型した、アイデア商品です。勝負事はもちろん、受験の時にも食べてあやかりたい、美味しい縁起物です。

塩竈神社(宮城県•塩竈市)
塩竈神社(宮城県•塩竈市)

国の重要文化財に指定されている、東北随一の神社。境内は見所満載ですが、とくに表参道の長い石段は、登るとパワーや運気が上がると言われているパワースポット!「男坂」とも呼ばれるこの石段は、なんと全部で220段。傾斜もきつく、登るのが大変ですが、自分の足で登るのがおすすめだそうです!

合格祈願はタコ頼み オクトパス文鎮(宮城県•南三陸町)
オクトパス文鎮(宮城県•南三陸町)

南三陸名産のタコをモチーフにした合格祈願キャラクター。オクトパス文鎮=置くと試験にパスする文鎮。すべり防止にかけて、すべらないマグネット付きで帽子をかぶったバージョンもあるという粋な計らいも嬉しいですね。文鎮以外にもいろいろなグッズがあり、地元の復興支援に一役かっています。

立石寺(山形県•山形市)
立石寺(山形県•山形市)

山寺と呼ばれ有名な立石寺。古くから縁切り寺と知られ、今は絶縁パワースポットと呼ばれています。悪縁を断ち切り、さまざまな悪いことから守ってくれるというご利益があり、悪縁が切れた後はいい縁がやってきて生活が向上するとか。自然の良い空気を吸って、良いエネルギーをもらえるお寺のようです。

商売繁盛いらっしゃい 左馬(山形県•天童市)
左馬(山形県•天童市)

将棋の駒の産地として有名な天童。ここでは、「馬」の字を逆さ書いた「左馬」の駒が、縁起の良い贈り物として重宝されています。由来は諸説ありますが、普通は人が馬をひくものですが、逆にすると、馬が人をひいてくる(=人を招き入れる)ことから商売繁盛に繋がるといわれています。

出羽三山(山形県•村山地方、庄名地方)
出羽三山(山形県•村山地方、庄名地方)

山形県の強力なパワースポット出羽三山は、人の「現在(羽黒山)、過去(月山)、未来(湯殿山)」をそれぞれ表し、山伏装束に身を包んだ修験者が今も多く訪れる神秘的な聖地です。修験道では、過去と死後の世界とされる月山が出羽三山の主峰。山頂の月山神社には天照大神が祀られています。

たくさんの願いを込めて 傘福(山形県•酒田市)
傘福(山形県•酒田市)

傘の下に縁起物を吊り下げる、つるし雛の一種です。昔から傘の中には、魂が宿るといわれていたことから、子孫繁栄や子どもが健やかに育つことを願って地元の神社仏閣に納められていた風習が今も残っているのだそう。手作りの飾りには、大願を成す=なす、災いが去る=さるっこなど一つひとつに意味が込められています。

三春滝桜(福島県•田村郡三春町)
三春滝桜(福島県•田村郡三春町

樹齢推定1000年を超えるベニシダレザクラ。樹高13.5m、枝張りは東西に25m、南北に20mと四方に伸びた枝に無数の小さな花が咲き、まさしく水が滝から流れ落ちるように見えることから、滝桜と呼ばれるように。その荘厳さは、神秘的なパワーに満ち溢れ、見る人の心を元気にしてくれます。

すくすく元気に 三春駒(福島県•田村郡三春町)
三春駒(福島県•田村郡三春町)

古くから伝わる民芸品。遠くは坂上田村麻呂の伝説に由来する「子育木馬」が発祥といわれ、子育てのお守りとしてされた一寸大の馬型木彫が原型とのこと。伝説では、三春駒で遊ぶ子どもは健やかに育ち、3粒の大豆を木馬に与えると子宝に恵まれるともいわれ、今でも親しまれ続けている玩具です。

円明院(福島県•南相馬市)
円明院(福島県•南相馬市)

お寺のある南相馬市は、東日本大震災の際、地震と津波で大きな被害を受けた地域。周りの住宅は津波に飲み込まれてしまったにもかかわらず、なぜかお寺は無傷だったことから、奇跡のパワースポットといわれています。不思議なエネルギーを体感しようと全国から参拝者が後を絶たないそうです。

最高のおもてなし こづゆ(福島県•会津地方)
こづゆ(福島県•会津地方)

お正月やお祭り、冠婚葬祭など特別な日に振る舞われる郷土料理。海の幸と山の幸がバランスよく入った、小さな汁碗です。こづゆは、正式なお祝いの席で何杯おかわりをしても無礼にはなりません。お腹いっぱい食べて満足してもらいたいという、昔から伝わる人情味溢れる料理です。

まだまだあります!東北のパワースポット
まだまだあります!東北のパワースポット

各県、一部だけご紹介します。

●白神山地(青森県)

●三皇熊野神社(秋田県)

●早地峰神社(岩手県)

●黄金山神社(宮城県)

●玉簾の滝(山形県)

●伊佐須美神社(福島県)

お近くに訪れた際、立ち寄ってみてはいかがですか?

TOP